Column家づくりコラム

カビ、ダニ、アレルギーから家族の健康を守ろう

地球規模での温暖化が懸念されていますが、実際に昔にはあまり考えられなかった突発的な異常気象が多くなってきている気がします。日本の気候もますます住むには厳しさが増してくる可能性があることも考え、日本の気候に適した住宅を考える必要があります。

日本は高温多湿の気候。どうしても窓や壁に結露が発生しやすくなります。この結露、しっかり対策を施さないとダニやカビが発生し、アレルギーやアトピーの原因となる恐れがあります。結露する家はすなわちシックハウスの原因の一つなのです。
押入れなどのカビは見た目の汚さ以上に危険な状態と言えます。

古来より日本の家屋は「木」を用いてきました。天然木には優れた調湿作用があり、湿度の高い気候に適しているということを先人達はしっかり把握していたからです。

カビが繁殖するにはある一定の条件が必要になります。
その条件というのは、以下の通りです。

  • 10~35℃前後のカビに適した温度である
  • 適度な湿気がある(特に湿度70%以上だとカビが繁殖します)
  • 垢やチリ、食べカスやごみなど栄養素となるものがある
  • カビの発酵に必要な酸素ある

「結露→カビ・ダニ→アレルギー(シックハウス)」という図式を断ち切るには、その元凶である結露を防がなければいけません。
断熱性能や通気工法はもちろん重要ですが、住宅の種類によって結露の対応力がまず違います。

【鉄筋コンクリートの家】
熱が伝わりやすく、結露は発生しやすい。その量も多い。
表面がベタついて窓や壁などにカビが生えやすい。

【天然無垢材の家】
熱が伝わりにくく、結露は発生しにくい。発生したとしても量が少ない。
木には空気中の水分を吸収する効果もあり、表面はサラリとしている。カビ、ダニの発生も防ぐ。

また、温暖化が進むことも考え、住宅の気密性・断熱性も考えて住宅を考えることをオススメ致します。

当社では、天然の無垢材をしようしておりますので、気になる方はご遠慮なくご質問下さい。

南陽市・長井市・米沢市・山形市を中心にこだわりの家作り(ひのきハウス)を行っている会社の、すこし役に立つコラムでした。

 

 

家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop