Column家づくりコラム

シックハウス症候群から家族の健康を守ろう

(1)シックハウス症候群とは

近年、住宅の高気密化などが進むに従って、建材等から発生する化学物質などによる室内空気汚染等と、それによる健康影響が指摘され、「シックハウス症候群」と呼ばれています。その症状は、目がチカチカする、鼻水、のどの乾燥、吐き気、頭痛、湿疹など人によってさまざまです。

(2)シックハウス症候群の原因

住宅の高気密化・高断熱化などが進み、化学物質による空気汚染が起こりやすくなっているほか、湿度が高いと細菌、カビ、ダニが繁殖しやすくなります。それだけではなく、一般的な石油ストーブやガスストーブからも一酸化炭素、二酸化炭素、窒素酸化物などの汚染物質が放出されます。たばこの煙にも有害な化学物質が含まれています。シックハウス症候群は、それらが原因で起こる症状です。

人に与える影響は個人差が大きく、同じ部屋にいるのに、まったく影響を受けない人もいれば、敏感に反応してしまう人もいます。子供と大人とでは症状が違う場合があります。

有害物質の代表格として悪名高いのが、揮発性有機化合物(VOC)”ホルムアルデヒド”です。ホルムアルデヒドは”接着剤”などに多く含まれており、住宅の”骨組み”や、私たちの肌に触れる壁や床などの”内装材”にも多く使われています。2003年7月に『シックハウス法』が施行され、有毒物質の揮発量が少ない材料を「☆☆☆☆(フォースター)」として認定し、その基準値に達していない材料は、内装材として使用できる量が制限されました。

この他に、もっと身近なところにもアレルギー反応が出てしまう原因があります。”カビやダニ”です。一般的にカビは「気温5℃以上、湿度60%以上」で発生し始めますが、まだ繁殖はしません。カビが繁殖できる条件は「気温20℃以上、湿度70%以上」です。カビが繁殖を始めると、それを食べにダニが集まります。カビの広がりとともに、ダニも増えていくのです。ダニの死骸や糞が室内の空気に混ざり、抵抗力の弱いお子さんやお年寄りがそれを吸い込むとアレルギー反応が起こります。

こういった家族の健康を損なう場合がありますので、無垢材や調湿作用に優れた木材を使うなど、新築を考えている方は、是非参考にして下さい。ちなみに当社では、無垢のひのきを使っております。

もっと詳しく聞きたい方は是非ご連絡下さい。

 

南陽市・長井市・米沢市・山形市を中心にこだわりの家作り(ひのきハウス)を行っている会社の、すこし役に立つコラムでした。

家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop