Column家づくりコラム

【山形新築住宅】日当たり&風通し【ひのきハウス南陽】

【山形県】南陽市・高畠町・長井市・米沢市・山形市で新築・注文住宅・土地探しならお任せ下さい‼上山市・天童市でも実績あり。【ひのきハウス】担当の川田です。

 

今回は新築注文住宅での家づくりにおける日当たりと風向きについてお話していきたいと思います。

日当たりの良い住まいがほしいと誰しも思うことですが、南向きであれば何でもいいというわけにはいきません。

 

南面がどうろ道路に面している土地にお大きな窓の家を建てたら、通りから家の中が丸見えになってしまうということも…。

逆に北に道路があると南側に外の目を気にしないサンルームができていたという場合も…。

道路の接する向きによって、間取りを工夫し日当たりのリビングを考えることが一番になります。

 

土地の方位や近隣の状況により、1Fに日が当たりにくければ2Fにリビングを持ってきたり、天窓を利用して近隣の視線を避けながら外光をとりいれる等の工夫もできます。さらには雪のことを考えて、土地のどの位置に住宅をもってきて、車庫やカーポートの位置・そして玄関の位置を決めることによって、快適な生活習慣が全然変わっていきます。

 

同様に風向きもよく知っておくことが大切です。家の中を自然の風が通るようになっていると、気持ち良いだけでなく湿気対策も自然にでき長持ちする家が作れます。ときにはその地域特有の風が吹く土地や、ある時間帯にはどの方向から風が吹きやすいというところもありますので、そんな場合は事前にチェックがかかせません。

風の通り道に窓や扉をつけることで、家の中を循環する自然の風を作り快適な家作りにすることもオススメいたします。

家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop