Column家づくりコラム

【山形新築住宅】土地詳細②【ひのきハウス南陽】

【山形県】南陽市・高畠町・長井市・米沢市・山形市で新築・注文住宅・土地探しならお任せ下さい‼上山市・天童市でも実績あり。【ひのきハウス】担当の川田です。

 

今回も前回同様、土地の詳細をお伝え致します。

 

土地には建ぺい率というものが定められています。

建ぺい率とは、敷地に対して建物を真上から見たときの投影面積の割合で、どのくらいの規模の家が建てられるかの基準になります。

前回お話しさせていただいた、用途地域ごとに定められていますが、角地では少し増えたり、前面道路によって、減少してしまったりということもあります。また、防火地域の耐火建築物など、細かい基準が決まっていますので、数値だけではなく、現状どうなっているか見るのも一つの手です。

例えば、200㎡の土地で、建ぺい率50%だったとき

建築可能面積は100㎡となります。敷地いっぱいに建てることはできないんです。チラシの土地情報などで、記載されていますので、是非、土地の値段と合わせて気にして見ると面白いかもしれませんよ。

 

南陽市・長井市・上山市・山形市・米沢市・高畠町で新築・建売・中古住宅・土地をお探しのお客様はお気軽にお声かけ下さい。

 

 

家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop