Column家づくりコラム

【山形新築住宅】土地詳細③【ひのきハウス南陽】

【山形県】南陽市・高畠町・長井市・米沢市・山形市で新築・注文住宅・土地探しならお任せ下さい‼上山市・天童市でも実績あり。【ひのきハウス】担当の川田です。

 

今回も土地の細かい詳細に続きをお話しさせていただきます。

こういう制限になっているんだ~くらいの感覚で大丈夫な知識ですが、

知ってることで視点も広がる可能性がありますので。

 

今回は容積率についてお知らせします。

土地には建ぺい率とならんで、建物の規模を制限している容積率があります。

建物の規模を制限しています。床面積の敷地に対する割合となっています。

また、容積率では延床面積の3分の1までの地階、延床面積の5分の1までの車庫を不算入とすることができます。

このように、建ぺい率、容積率とも、複雑な計算が必要となります。

 

例えば、100㎡の土地で、建ぺい率50%、建築面積50㎡だったとき

容積率100%の場合「1階50㎡、2階50㎡」

容積率80%の場合「1階50㎡、2階30㎡」

低層住宅地に多い「建ぺい率50%、容積率100%」の敷地では、一般的に2階建ての住宅までしか建てることができません。さらに高級住宅地などでみられる「建ぺい率30%、容積率60%」などの場合には、それなりに広い敷地でなければ十分な大きさの住宅は建てられないことになります。3階建て住宅を計画するのであれば、容積率は少なくとも150%が欲しいところですね。

 

ちらしの土地情報の詳細に記載されている、建ぺい率や容積率が見れませので、土地の参考にして下さい。

 

南陽市・長井市・上山市・山形市・米沢市・高畠町で新築・建売・中古住宅・土地をお探しのお客様はお気軽にお声かけ下さい。

 

 

家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop