Column家づくりコラム

【山形新築住宅】高断熱・高断熱【ひのきハウス南陽】

【山形県】南陽市・高畠町・長井市・米沢市・山形市で新築・注文住宅・土地探しならお任せ下さい‼上山市・天童市でも実績あり。【ひのきハウス】担当の川田です。

 

今回は高気密・高断熱の簡単なお話しを致しますね。

「高気密」「高断熱」の新築住宅は、外気の気温の影響を受けにくく、冬には家の暖かさを保ってヒートショックなどの健康への悪影響を防ぐということは、多くの方がご存知かもしれません。

山形・南陽市の住宅で寒くて目を覚ましたという経験をお持ちの方であればなおさら実体験をもとに感じられていると思います。

逆に、新築住宅でも、夏の高気密高断熱住宅では「エアコンがなくても快適ですか?」

と質問される事があります。

結論から言いますと、新築住宅でもエアコンがなければ暑いです。

これは、当然といえば当然なのですが、窓から入ってくる日光の熱や、家電から放出される熱、人や動物の体温などが、気密性・断熱性が高いがゆえに家の中に蓄積されていきます。

冬には放出する熱はメリットになる部分が、夏になる放出する熱はデメリットになってしまうわけです。

しかし、外気の影響を受けにくいため、急激に温度が上がってしまうということではありません。

なので、エアコンがあれば快適に過ごせます。また、高気密・高断熱によって電気代も安くなります。

また、間取りなどによっては、エアコン1台で家中を十分快適な温度にすることもできます。

新築住宅でも高気密高断熱住宅は、一般住宅に比べて少し初めに掛かるコストは高めになりますが、住んだ後の快適性が向上し、なんといっても、ランニングコストを抑えられるというメリットもあります。

月々の光熱費のランニングコストをしっかりと抑えることで新築住宅での生活が健康にも、お財布にも優しい住宅となります。

南陽市・長井市・上山市・山形市・米沢市・高畠町で新築・建売・中古住宅・土地をお探しのお客様はお気軽にお声かけ下さい。

家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop