Staff Blogスタッフブログ

【山形新築住宅】住宅ローン審査の重要項目【ひのきハウス南陽】

【山形県】南陽市・高畠市・長井市・米沢市・山形市で新築住宅・土地探しならお任せ下さい♪上山市・天童市でも実績あり よろしくお願い致します【ひのきハウス】

こんにちは三浦建設工業の川田です。

南陽市で新築をご検討中の方で、住宅ローンを組んでのご購入を考えている方がほとんどだと思います。
住宅ローンを借りるには、当然金融機関の審査に通ることが必須になります。
皆様は、金融機関が借りる方のどういった項目を見て判断しているのかご存じでしょうか?

今回は、国土交通省による《住宅ローン実態調査》による7つの重要視されている審査基準についてお話ししたいと思います。


審査基準上位7項目


①完済時年齢
②返済負担率
③借入時年齢
④担保評価
⑤勤続年数
⑥健康状態
⑦年収

①~③・⑤・⑦の5つは、住宅ローン完済までに継続・安定的に返済がなされるかの見極め項目になります。
④は、購入する住宅の価値が低いと、その評価額を上回る金額を借りられない場合があるということです。

この7つの項目から、年齢勤続年数が重視されていることが分かります。
大手会社勤務や、年収の方が重視されると思いきや少し意外ですよね。

現在収入が多くても将来どうなるか分からない方より、毎月安定的に返済可能な方や公務員などの解雇される心配が少ない方が審査に通りやすいということになります。

また、最近じわじわ上位項目に上がってきているのが⑥の健康状態です。

糖尿病などの慢性疾患などがあると、団体信用生命保険に加入できないことがあり、審査が通らないこともあります。

7つの審査基準をお話ししましたが、金融機関により違いもあるので、ケースバイケースになります。

1社だけでなく、何社かに住宅ローン審査を申し込むことをおすすめ致します。

 

 

【無垢材をふんだんに使用した快適で安全な健康住宅が当社のコンセプトです】

スタッフブログ一覧に戻る

PageTopPageTop