Column家づくりコラム

【山形新築住宅】基礎③【ひのきハウス南陽】

【山形県】南陽市・高畠町・長井市・米沢市・山形市で新築・注文住宅・土地探しならお任せ下さい‼上山市・天童市でも実績あり。【ひのきハウス】担当の川田です。

 

まず初めに、10月13日・14日の住宅フェアに沢山のお客様に来ていただき

誠に有難うございました。沢山の方にお褒めの言葉をいただき凄く充実したフェアができたこと、スタッフ一同心よりお礼申し上げます。

 

では、前回の続きの基礎についてお話しさせていただきます。

鉄筋コンクリートの外堀を掘る工法までお伝え致しましたが、続きましては、

基礎の土間(下)の部分と立ち上がりのコンクリートの部分の説明をさせていただきます。

通常は、土間(下)の部分と立ち上がりの部分を別々に基礎を作ることが一般的です

しかし、2回で基礎を打つとつなぎ目ができてしまいます。

当社では、土間(下)の部分と立ち上がりの鉄筋コンクリートを1回で打ちます。

(一発打設工法)1回で基礎を打つことにより、強度がさらに強くなり、つなぎ目が

ありませんので、白ありの侵入経路を遮断してくれます。さらに見た目も綺麗‼

 

鉄筋コンクリートでも基礎の工法によって、大切な住宅の安全性が変わってきますので、地震や自然災害が多くなっているので、強度・耐久性をしっかりと考えて家族の安心・安全を守っていきましょう。

 

南陽市・長井市・上山市・山形市・米沢市・高畠町で新築・建売・中古住宅・土地をお探しのお客様はお気軽にお声かけ下さい。

 

 

 

 

 

家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop